非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】夏こそ冷え対策!温順へスペリジンプロモーション

タミフル

『東京新聞』はタミフルと異常行動の因果関係は確実であるとの趣旨の報道をしている。

厚労省は2006年10月、タミフル服用、未服用の児童の異常行動を比較し、
有意な差は出なかったという調査結果を発表(前述)したが、浜六郎医師はこの調査結果に疑問を呈している。

2007年3月21日、日本の厚生労働省は、自宅の2階から転落する事故が新たに2件発生したとして、
中外製薬に対し、添付文書の警告欄に「10歳以上の未成年の患者に、
原則として使用を差し控えること」を書き加え、
医療関係者に緊急安全性情報を出して注意喚起するよう指示したと発表した。

2007年3月の現時点においては、異常行動はインフルエンザ脳症による可能性も指摘されており、
タミフル服用との因果関係については不明な点が多いのも事実である。
「タミフルを服用しなければ安心」などと、安易に考えるのは間違いである。
家庭においては、タミフル服用の有無に関わらず、未成年のインフルエンザ患者から目を離さないことが大切である。

(ウィキペディアより)

ボニック

BYE-10ダイエットプログラム

プライベートジム【RIZAP】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。