非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】夏こそ冷え対策!温順へスペリジンプロモーション

安静時の部位別熱産量

安静時の部位別熱産量です。


骨格筋・・・約22%

肝臓・・・約20%

脳・・・約18%

心臓・・・約11%

腎臓・・・約7%

皮膚・・・約5%

その他・・・約17%


心臓は体重の0.5%ほどしかありませんが、約11%もの産熱量を誇っています。

 → ≪体を温める方法:心臓と脾臓がガンにならないその理由≫


肝臓も体重の2%以下ですが、産熱量は20%にも及びます。


また、これは安静時の数値ですが、体を動かすと、筋肉から80%もの熱が生産されます。


そして、筋肉の70%近くが下半身に集中しているのです。

 → ≪体を温める方法:足は第二の心臓≫


あと、これは意外に思われる方も多いと思いますが、
脳が意外と熱産量が高いのです。

 → ≪体を温める方法:頭脳労働者は長生き≫

ボニック

BYE-10ダイエットプログラム

プライベートジム【RIZAP】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。