非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】夏こそ冷え対策!温順へスペリジンプロモーション

心臓と脾臓がガンにならないその理由

「心臓ガン」とか「脾臓ガン」というのは聞いたことがありません。

なぜでしょう?


心臓で作り出される熱の量は、からだ全体が作る熱の約11%を占めています。

四六時中休みなく働いているので、とても発熱量が多いのですね。


脾臓もとても温度の高い臓器です。

赤血球を貯蔵しており、その色は赤く、
そしてまたリンパ球や単球(マクロファージ)など白血球の生産も行っています。


つまり、温度が高いので、冷えの病気であるガンになるにはならないのです。


ガンになるには、温度の低いことが条件なのです。


とういうことは、胃や大腸、食道、子宮、卵巣、肺など、
内部が中空になっていたり体の外に通じているような臓器は、
温度が低いためガンになりやすいということなのです。

ボニック

BYE-10ダイエットプログラム

プライベートジム【RIZAP】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。