非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】夏こそ冷え対策!温順へスペリジンプロモーション

体を温める方法(運動・入浴・食事)

1.運動

まずは、

   『歩くこと』

これです。


下半身を鍛え、体を温める方法としては、
もっともシンプルでかつ強力です。



2.入浴

・水(ぬるま湯)とお湯に交互につかる方法

 血液の循環がよくなります。
 自律神経の働きを活性化します。


・おへそから下だけ、足だけの入浴

 下半身の血流をよくすることによって、
 全身が滑らかに機能するようになります。
 長時間入っていてもあまり疲れませんから、
 体の芯まで温めることができます。


・10〜15分お湯に入ったあと、
 2〜3分の休憩をとって、また入ります。

 実はぶっ続けで入るより、小分けにしたほうが、
 体が温まりますし、お風呂から出たあとも、
 長時間ホカホカが続きます。



3.食事

体を温める効果のある食材を大まかに分類すると次のようになります。

・黒っぽいもの、濃い色のもの(赤・黄・橙色)

・硬いもの

・寒い地方が原産のもの


具体的には。

・ネギ

・生姜

・大根

・ニンジン

・お酢より塩

・ビールやウイスキーより日本酒、ワインなら白より赤

・緑茶より紅茶





以上、体を温める方法を、大まかに3つご紹介しました。

で、もっとも大切なこと。。。

それは、

   「続けられるかどうか!?」

これです。

どんなに素晴らしいと思えることであっても、
続けられなければ意味がありません。

この中のたったひとつでいいです。

水(ぬるま湯)とお湯に交互につかる方法だけでもいいですし、
紅茶だけでもいいです。

自分にとって一番簡単に続けられる方法を探しましょう。

ボニック

BYE-10ダイエットプログラム

プライベートジム【RIZAP】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。