非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】夏こそ冷え対策!温順へスペリジンプロモーション

長く深い呼吸で痩せる

体を温める手軽な方法は腹式呼吸だということはお話しましたが、
実はダイエットにもとても効果があります。

というよりも、体を温めるということと理想的な体重を維持するということは、
とても密接な関係があるのです。



まずは、腹式呼吸についてもう一度おさらいをしておきます。



腹式呼吸は、体を冷やす炭酸ガスを吐き出し、
体を温める酸素を取り入れます。

深い呼吸は体を温め、浅い呼吸は体を冷やすことになります。

鼻から息を吸って口から吐き出します。

口は使わずに吸うときも吐くときも両方鼻からという意見もあります。

ご自分が気持ちよくやれる方を試してください。

背筋は軽く伸ばします。
(背筋を伸ばすだけでカロリー消費量が1.5倍アップします。)

息を吐く時は、おへその下にある丹田に意識を集中させ、
お腹と背中をくっつける感じで、十分にへこませます。

このとき、少々前かがみになって手でお腹を軽く押さえるといいでしょう。

息を十分に吐くと、吸気は息を吐いた分だけ自然に入ってきます。

吸うときも丹田に空気をためるようなイメージです。

吸うときも吐くときもそれぞれ5〜10秒ほどかけてゆっくり行います。

ただ、あまりカタチにこだわる必要はありません。

あくまで長く深い呼吸をすることが目的です。



さて、ほとんどのダイエット法は、何かを我慢するか、
何か新しいことを始めければならないのですが、
この方法は毎日誰でもやっていることに、少々色をつけるだけです。

食事制限をしませんので、当然リバウンドもありません。

逆に食事はしっかり取ったほうがいいのです。

食事を制限すると、逆に人間の体は脂肪を溜め込もうとします。

これは、いたって当たり前のことですね。

人類の歴史は飢餓との戦いでもありました。

今のように24時間いつでも、食べたいときに、
食べたいだけ食べれるようになったのは最近のことであり、
長い人類の歴史の中ではとても短い期間のことなのです。

しかも、そんな恵まれた国は世界的にも少数であり、
今でも世界人口の約半数は栄養失調に苦しんでいます。

人間の体は、空腹を経験すればするほど、それに対応しようとして、
カロリーを蓄えることに必死になります。

ですから、食事を我慢すれば太るのは当たり前。

「やせるためには、食べないこと」

ここが大きな勘違いなのです。

多くの方がこのやり方で失敗しているのにまだ気づきません。



また、サプリメントもお勧めできません。

きちんと噛むことの大切さがごっそりと抜け落ちていますし、
バランスの大切さも無視されています。

野菜はいくら食べてもミネラルやビタミンが偏ることはありませんが、
サプリメントは別です。

私はサプリメントで本当に無理なく痩せられたという話は聞いたことがありません。
(広告的な表現は別として。)

また、きっちりと噛むことは当然体温の上昇につながりますし、
満腹感を感じるのも早くなります。

麺類などがご飯に比べるとたくさん食べることができるのも、
噛む回数が少なく満腹感を感じるのが遅いからです。

しっかり噛むと、体温の上昇によって基礎代謝が進み脂肪も燃焼します。

体を温めると痩せるというのはとても理にかなっているのです。



基礎代謝というのは、何もしなくて寝ていてもボーっとしていても消費されるエネルギーのことで、
心臓を動かしたり体温を保ったり呼吸をしたりすることによって消費されるエネルギーです。

1日中じっとしていても心臓は動いていますし、体温は保たれていますし、呼吸はし続けています。

特に全身の体温を36度以上に保つためには膨大なエネルギーを必要とします。

ですから、1日の総消費エネルギーの内、実に60〜70%ものエネルギーがこの基礎代謝で消費されているのです。



ただし。。。



   『きちんと筋肉が備わっていること』



が条件です。



女性が男性に比べて太りやすいのは、筋肉の量が男性に比べて少ないからです。

十分に筋肉が備わっていると、その活動により全体の60〜70%ものエネルギーを消費するのです。

そしてこれは、



   『何もしなくても』



なのです。



逆に、体を動かすことによって、消費されるエネルギーを活動代謝と言いますが、
これは全体の20〜30%しかありません。

つまり、痩せるために無理な運動をしても、消費されるエネルギーは全体の20〜30%だということです。

とても効率の悪いことを一生懸命やっているのだということが分かります。

痩せるためのかなめは基礎代謝にあり、そして十分な筋肉があってはじめて基礎代謝が十分に行われるのです。

そして、誰もが死ぬまで絶対にやめないことが呼吸です。

深い呼吸が基礎代謝を促進させ、腹式でやることにより筋肉の増加にもつながります。

深い呼吸が、巷にあふれるどのようなダイエット方法よりも安全で確実に痩せる方法なのです。

本当に痩せたいと思うなら、
ためしに2週間、だまされたと思って、
腹式呼吸を毎日10分間、真剣にやってみてください。

10分がムリなら5分でもかまいません。

もちろん個人差はありますが、2週間後、間違いなく体重は減っていることでしょう。



そして、さらに効果を上げる方法としてお勧めなのは、

痩せた自分をイメージしながらやるということです。

着たい洋服、着たい水着を着ている自分。

友人や彼氏に痩せたねって言われている自分。

おいしいものをきちんと食べながら理想的な体重を維持している自分を想像しながらやってください。

これをやるやらないで大きな差が出ます。

大切なことは、そのイメージによって自分が気持ちよくなれることです。

気持ちいい→血流がよくなり体温が上昇→基礎代謝の促進→痩せる。

大多数の人の呼吸が短く浅いのには理由があります。

精神的にゆとりがないと呼吸は短く浅くなります。

ストレスを溜め込んでも呼吸は短く浅くなります。

急いでいるときも呼吸は短く浅くなります。

今の自分に満足していなくても呼吸が短く浅くなります。

ですからたった今、もう既に自分は痩せてるのだということをイメージして、
自分の体に満足し肯定してあげてください。

とても気分がよくなり長く深い呼吸ができるはずです。



余談ですが、痩せること以外の恩恵を受けることもあります。

これに関してはご自分で見つけていただくことに意味がありますので、
ここでは割愛させていただきます。

あしからず。



これ以上の情報をお望みの場合は読んでみてください。

食べながら痩せる!南優子式ダイエット 〜絶対やせる成功法則〜



こちらは音声レポートになります。

http://www.diet-no1.com/onsei1.wav

この記事へのコメント
深い呼吸、参考にさせていただきます!
Posted by じゅんきち at 2013年02月25日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48074257

この記事へのトラックバック
ボニック

BYE-10ダイエットプログラム

プライベートジム【RIZAP】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。