非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】夏こそ冷え対策!温順へスペリジンプロモーション

薬の飲みすぎで体温が低下

薬(甲状腺ホルモン剤を除く)を飲みすぎると体が冷えます。

薬の副作用で代表的なものに、ジンマシンや湿疹、嘔吐などがありますね。

では、なぜこのような症状が現れるのでしょう?

実は、これは、薬を飲むことによって体が冷えるため、余分な水分を体の外に出して体を温めようとする体の自然な働きなのです。

たとえば、鎮痛剤というのがありますが、これは鎮痛解熱剤とも言われておりまして、熱を取る働きがあります。

たしかに熱を取ると痛みは減るのですが、最低限にとどめておかないと、また別の痛みを引き起こしてしまいます。

冷えによって病気になり、痛みが発生したりしますが、それを冷やすことによって痛みをとると、
さらに次なる痛みを準備してしまうのです。

なにごとも「ほどほど」という加減があるのです。

痛みを取るためにある程度薬に頼ることはいたしかたないことですが、
過剰に服用することや、習慣的に服用し続けることはお勧めできません。

それよりも本質的な体質の改善によって、痛みを遠ざけることが必要なのです。

私も閃輝暗点を伴う片頭痛を持っておりまして、以前は薬なしこれをやり過ごすことは考えられませんでしたが、
後頭部をマッサージする方法を知ってからは、嘘のように楽になりました。

これも血管の収縮つまり冷えによって引き起こされる症状なのですが、
単にその症状だけを抑えるというやり方を続ける限りはイタチごっこになってしまい、
いつまでたっても根本的には改善されません。

高血圧や肝臓病、高脂血症、膠原病などに関しても、安易に長期的に化学薬品を服用し続けると、体を冷やし、
それが、さまざまな病気の下地になってしまうこともあるのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38196288

この記事へのトラックバック
ボニック

BYE-10ダイエットプログラム

プライベートジム【RIZAP】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。