非ポイント限定【江崎グリコ株式会社】夏こそ冷え対策!温順へスペリジンプロモーション

足は第二の心臓

よく歩くことは、
全筋肉の7割を占める足の筋肉を使うことになるので、
体温も上昇します。

同じ運動でも上半身だけを使うような運動は、
心臓への負担も大きく、体温の上昇にはあまり効果がありません。
(顔だけが火照ったようにはなりますが。。。)

体温上昇に効果的な運動というのは、
ウォーキングのように立って行う運動です。

足の筋肉を使った運動をすると、
足の筋肉の動きが第二の心臓としてポンプの役割をし、
静脈血の心臓への還流(もどること)が促されます。

当然、心臓の負担は軽くなりますので、
心臓は、より多くの血液を送り出すことに専念できます。

すると、全身の血行がよくなり、
新陳代謝が活発になって、体温が上昇します。

このような状態が習慣になれば、
平熱が上がり、
ガンや生活習慣病の発生を抑止することができます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ボニック

BYE-10ダイエットプログラム

プライベートジム【RIZAP】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。